レーザーでのシミ取り

レーザー治療

顔の目立つシミは老けた印象を与えるため、美白化粧品などを使って対策を行う女性が多く見られますが、美容皮膚科などで美容治療を行えばより美白効果を実感することができます。シミに対する代表的な美容治療が、メラニンなどの色素に反応する光を利用したレーザー治療です。

肌に優しいので安全性が高く、正常な組織を傷つけにくいのが特徴です。レーザー治療には相性の良いシミとそうでないシミがあり、主に紫外線の影響で生じるタイプのシミに高い効果を発揮します。加齢に伴い現れることが多く、顔だけでなく腕や手の甲などにもできる老人性色素斑や、紫外線や遺伝の影響で生じるそばかすなどに効果があります。一方、ニキビや虫刺されなどの跡にできる炎症性色素沈着、左右の頬骨周辺にできる肝斑には、あまり効果が得られません。炎症性色素沈着や肝斑は、ハイドロキノンなどを使った美白治療が用意されています。

美容クリニック

レーザー機器は医療機器のため、美容皮膚科や美容外科などの医療機関で取り扱っています。エステなどでもマシンによる施術が受けられますが、クリニックは効果の高いマシンが使えるのでおすすめです。クリニックでは人体や皮膚の専門家による治療を受けられ、トラブルが起きてもすぐに適切な対処を行えるため、安心して大事な顔の施術を任せられます。

シミ取りは美容治療

美肌治療

美白ケアに取り組んでいる方はとても多いと言われています。コスメにしても、美白化粧品を使うことで、シミやそばかすを予防することができますし、紫外線対策として日焼け止めを使うと言ったことも大事です。

しかし、あくまでもこれは予防で、できてしまったシミやそばかすには対応できないことがあります。そこでおすすめの美容治療はシミ取りです。美容皮膚科などで行うことができるのですが、エステサロンでのホワイトニングケアよりも、根本的なアプローチができますので、できてしまったシミでも対応できます。レーザーやフラッシュなどの医療機器を使い、メラニン色素を撃退したり、ターンオーバーに働きかけたり、コラーゲンの生成を促したりすることができますので、有効のアンチエイジングの方法でもあります。

また、レーザーを使用する際には、少し痛みが生じることもありますので、その痛みが気になる方は、ハイドロキノンという漂白作用のある薬と、レチノイン酸でシミ取り治療を行っていくこともできます。レーザーやフラッシュと比較をすると、少し効果の出方は緩やかではありますが、シミを薄くしていくことができて好評です。さまざまな美容治療がありますので、自分にあったものを選択していきましょう。

Menu